生きづらさから脱出のヒント | 生きづらさ解消のヒントや日々のことなどを発信します!

スポンサード リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ/

時々は『ガス抜き』も必要ですよ!!

こんにちは(^-^)/
k子.立花です。

気持ちに余裕がないときほど、
『ガス抜き』・・・日頃のウップン晴らし・・・が大切ですね。

一番効果があるのは、
自分が夢中になれる時間を持つこと。

自分の時間を30分持つだけで、
心の疲れが、
スーッと消えていくことがあるんですね。

✩どうしてかは、
姉妹サイト
  『手軽にできる健康になる方法・・・趣味で』


    にも少し書いてるので、
    よかったら読んでみてくださいね!


そうすれば、
家族や周りの人とも、
かなり穏やかに向き合うこともできるのでは?


ガス抜きの方法としては、

サラリーマンとかなら『チョット一杯!』、

主婦などは、井戸端会議でしょうか?

めちゃハードなロックを聞くことだったり、

映画、買物、スポーツとか色々・・・。

私だったら、怖いもの系を見る、聞く、読むだったりね。

旅行なんかもいいですけど、
できればすぐできるものの方がいいですね。


書くことの癒し でも言いましたが、

『書く』ということも、
ガス抜きの方法としてはかなり有効ですよ。

そのへんの紙に書きなぐるのもいいんですが、
ブログを書くのがいいですよ。

なぜかというと、
ブログだと読む人を意識することで、
自分を客感的に見ることができ、
気持ちの整理ができるから。

書き終える頃には、
「なんでこんなにイライラしてたんだろう?」と
冷静になってる自分に気がつくでしょう。


人間だから、
マイナス感情になることは当然あるのですが。。。
  (私なんてなりやすいというか、
          しょっちゅうですけど(-。-;))


時々はガス抜きをしながら、
マイナスの感情ともじょうずに
つきあっていけたらいいですよね:*:・( ̄∀ ̄)・:*:

                   
スポンサーサイト
タグ/

ストレスの正体は、『表現できない怒り&敵意』!?

こんばんは(^-^)/
k子.立花です。

自分はストレスに弱いんだと確信したのは、
30歳頃←遅すぎ( ̄ー ̄;

それまで、どうやら
  気が強い=ストレスに強い
       と勘違いしていたらしい。

要するに、
自分は気は強いけど、
ストレスにはめっぽう弱いってこと。

ところで、
ストレスの正体のほとんどが、

『表現できない怒り&敵意』

            なんだとか。


だからか・・・

ウンウン思いあたるよ、自分にも(-。-;)

そうなんです。

自分も人を否定的に見ることが多く、
かといってそれを表現できず、

それが慢性化した怒りや敵意となって心にとどまり、

ストレスになっているのです・・・たぶん。

そして、うつ病などの心疾患になることも。
  (私は、診断こそされてませんが、
          たぶん患っていました。
       今はほとんど症状無いですが)

じゃあどうすればいいか?

それは、心を占領している怒りや敵意を、
引っぱり出してみることです。

「何で自分はこんなに怒っているのだろう?」 と。

書くことの癒しにもあるように、

書くっていう方法がいいかも。

そうすることで、

自分の中にとどまっていた、

怒りや敵意のエネルギーが解放され、

《自分の感情は絶対出してはいけない》などという

思い込みも解消されていくのです。

                     

タグ/

『友達づくりはヘタでも大丈夫』

こんにちは(^-^)/
k子.立花です。

私は、
『友達づくりは下手でも大丈夫』
なんてことばを見たり聞いたりすると、
本当に安心するんです。

それはなぜか?

自分が友達づくりヘタだから、の一言に尽きます。

私にとっての友達の数は、
両手に充分余るくらい。

帰省した時必ず会う人が2人ぐらい、

上京して短大に入った時からの友人3人、

そのうち結構会っている人が1人、

子供が幼稚園の頃のママ友1人、

と、まぁこういう感じかな。

わりと深いつきあいの人が、
私自身の友達の定義になっていることも、
少ない理由かも。

ちょっと立ち話しする程度の知人なら、
たくさんいますからね。


友達づくりがヘタということでは、
ずーっと生きづらさを感じていました。

周りも盛んに、

人間関系を大切に!

友達をたくさんつくろう!  

         などなど

まるで友達が少ないことが罪のように・・・

でも、無理して友達づくりをしなくても( ̄ー ̄;

         と、

一種の開き直りというか、

それでも生きていけるしと思えるようになってから、

だいぶ気持ちが楽になりましたね。


世の中はいろいろな人がいるからいいんだよね!

               

タグ/

自分に『喝!!!』を入れた日

こんばんは(^-^)/
k子.立花です。

今年一番の暑さ、
ほんと暑かったですね(;^_^A

さて今日は、お寺に行ってきました。

施餓鬼(せがき と読みます)という、
簡単に言うと、
お盆明けの16日に行われる仏教における法会のこと。

それに参加したのです。
(その後、塔婆を受け取ってお墓参りをします)

こうやってまともに参加するのは、
主人のお母さんが亡くなってからなので、2回目。

祝日と重なったこともあり、
ほとんどの檀家さんが来ていて、
すごい混雑ぶりでした。


おまけにこの暑さでしょ(;´▽`A

ああしんどいな、と思っていたところ、
本堂で、お坊さんによるお説法が始まりました。

と同時にざわめきはスーッとなくなり・・・
    ・
    ・
    ・
約40分のお説法のあと、
総勢17人のお坊さまによる読経。


それはそれは、荘厳かつ静しゅくなるものでした。

終わったときは、
なにか清々しいというか、

軽くつきものが落ちたような、

最近の、私のだらけた気持ちに、

『喝』を入れられたような気分でしたね。

それと、
気分が落ち着いて静しゅくになれたのは、

お線香の香りで癒されるでも書いたのですが、
この香りの影響があったのでしょう。


たまには、こういう場に身を置くっていうのも、
いいかもしれないですね。

マンネリ化した日常に刺激を与え、
停滞気味のモチベーションを上げるためにも。


タグ/

人間関係の基本は親子関係?!

こんにちは(^-^)/
k子.立花です。

〈なぜか人とのトラブルが絶えない〉

〈人間関係の悩みが常につきまとう〉

あなたにはそういうことありませんか?

私は最近までかなりありましたね。

最近っていっても2年くらい前までですけど。


今は、なぜ人間関係の悩みがほとんどなくなったのか?

一番の理由は、
嫌いな人間とつき合わなくてもいい環境に
なっているということ(^▽^;)

会社勤めというものを2年前に辞め、
嫌な親戚連中も遠くに・・・

今の私は、
人とのつき合いといえば、
家族やたまに中華街あたりでランチする友人だけ。

プチ引きこもり状態だけど、
これがまた心地いいんですよね。

今は、私にとって人間関係小休止、
充電の時期だと思ってます。


私の人間関係の悩みが、
ほとんどなくなったもう一つの理由は、

自分の親と親を許せない自分を許した、ということ。


どういうことかというと、

『親子関係が全ての人間関係の基本』

とは、よく言われることですが、

私には大いに思い当たるフシが・・・
(もちろん全ての人に当てはまるわけではないです)


私の母親は、
『おこられながら育つと・・・』 でも書きましたが、

怒ることしかしなかったし、
ろくに話を聞いてくれなかったなどいろいろあります。

でも、自分の親と、親を許せない自分を許したんです。

許すことで、自分が変わるしかないので。


親に愛されなかった
愛されていたんだろうけど、親の愛を感じられなかった
怒ってばかりでなくほめて欲しかった
もっと会話がしたかった
              ・・・etc

このような思いを抱いたまま生活をすると、
人間関係(人生)がうまく行かなくなるらしいですね。


そうはいっても、
どうしても親を許せない場合もありますよね。

そういうときは、せめて『親を許せない自分』だけでも
許してあげてください。


人間関係の改善策の一つとして、
親との関係を見直し許す、というやり方は大いにありだと思います。

これからの人生、今よりもっと楽しくなりますように・・・



タグ/

『完璧主義』 ≠ 『幸せ』

こんにちは(^-^)/
k子.立花です。

人生、生きづらくしているものの一つに、
『完璧主義』があります。

完璧主義者というというと、
なんでも完璧にこなす、
人生の成功者のイメージでしょうか?

いや、そういう人は準完璧主義者というか、
ほどほどということを知っている人。

むしろ歓迎したい( ̄ー ̄;

本当の完璧主義者は、
何かを成し遂げるどころか、

むしろ何もできていない人に、
結構な割合でいるようです。

人生破綻している人もいるほど。


ちなみに、
片付けられない症候群の人には、
完璧主義者が多いらしい。
(中にはただダラシナイ人もいるけど( ̄Д ̄;)


この招かざる客『完璧主義』は、

・・・・・完璧な私でないと幸せになれない・・・・・

という思い込みから来るらしいです。


自分にもそのけがあるのでわかるのですが、
(最近では、だいぶ無くなっています)
完璧を求めるあまり、

ほどほどに、ということができず、
そのうち、かえって身動きが取れなくなってしまう。

そして、自己嫌悪。。。

うつ病や強迫性障害などを引き起こすことも多いとか。


せっかくの人生、こんなもののために潰されたくないですよね。

そこで、完璧主義のドツボにはまらないための、
一つのノウハウですが・・・

まず、
今までのあなたの人生で、
幸せだったと思うことを思い浮かべます。
  (10個くらい、できれば紙に書き出します!)

志望校に受かった、就職した、結婚した、子供が生まれたetc・・・

次に、その時のエピソードを詳しく思い出してみましょう。
  (これも書いたほうがいいですね!)

ほら、どうですか?

幸せなときって、必ずしも完璧なことをしたわけじゃないでしょう?


失敗談とかもあるのでは?


「そうか、完璧でなくていいんだ」と、
ふっと力が抜けて楽になったでしょうか?



・・・・・完璧な私でないと幸せになれない・・・・・


これは、間違った思い込みだと気づいたでしょうか。



タグ/

☆✩星に願いを託すということ✩☆

おはようございます(^-^)/
k子.立花です。

七夕っていっても、
天の川観れたためしほとんどないですよね(´・ω・`)

昨日もしかり。。。

関東で天の川を見ることができたのは、
過去10年に一度だけだったというデータも。

空気が汚れ夜なお明るい都会では、
見ることは難しいのでしょうね。

それと、梅雨の時期と重なってしまうということも。

今度ちゃんと見られるのは、何年後でしょうかねぇ。。。


でもまあ、織姫と彦星は誰にも邪魔されずに、
年に一度のデートを楽しめるんだから、
それはそれでいいのかもね(^▽^;)

下界は下界で、
短冊に願い事を書いて、星に託したり・・・

そうすると、願いが叶ったりすることもあるんですよね、
不思議なことに( ゚ ▽ ゚ ;)


神社にお参りしたり、
辛いときに神頼みしたときなんかもそうです。

こちらの記事でも書きましたが、
   ↓
緑風荘の座敷わらし

お参りして、私も実際ご利益あったんでしょうね。

いい方に向いてきたりしてますから・・・

でも、これってお星様や神様が
叶えてくれたわけじゃないんですよ。

全部自分がやっていること。

祈ったり願ったりすることで、
自己暗示にかかった自分が、
その願い通りになるように行動した結果なんです。


無神論だから、
ただの気休めだから、
そういうことは絶対しないっていう人は別ですが、

たまには神だのみ系もいいのでは?

自分のこれからの人生にとって、
決してマイナスにはならないと思いますけどね。



タグ/

隣の芝生は青く見える

こんばんは(^-^)/
k子.立花です。

『隣の芝生は青く見える』

あなたには、この症状出ませんか?

私は最近こそ少なくなってきてますが、
出るほうですね。

他人にできて自分にできない事とかあると、
自信がなくなって、
なんだか気が滅入ってきたり・・・

要するに、ひがみ根性ってやつ(・・;)

自分を追いつめるだけのこの症状、
そういえば、中学入ったあたりから出始めたかな。。。

  ・・・・・ちょうど思春期か(-。-;)・・・・・
(この思春期っていうのは、
    自分の中でさまざまな心理が、
        巣をつくり始める時期ですね)

そして、30代半ば頃からは、
徐々に軽くなってはいますけど。


そのわけは、

   『他人は他人、自分は自分』 を意識して

セルフイメージに言い聞かせるようにしたから。

・・・・・セルフイメージのことは、この記事でも書きました・・・・・
        ↓
     セルフイメージをコントロールする

もちろん今もありますよ。

あるけど、だいぶ楽になってます。


そうなんですよね。

あなた(私)が、うらやましいと思って見ていることは、
その人のほんの一部。

その人にだって、もちろん欠点はあるんです。


勝手に比較し凹んでいてなんの意味が・・・。


『隣の芝生は青く見える』症状は、
実は、自分自身が作り出していたもの。


比較してひがんでるヒマがあったら、
自分の芝生を青くすることに専念しましょう( ̄▽+ ̄*)



タグ/

色彩で癒される

こんばんは(^-^)/
k子.立花です。

あなたは、
『色彩』で癒されるってこと結構ありませんか?

私にとっては、
いろいろある癒しのアイテムの中で、
かなりの恩恵を受けているものの一つですね。

ほれぼれして、ジーッと見入ってしまうことも(*゚ー゚*)・・・


特に、インテリアを考えるときは、
カラーコーディネートって大事だと思うんですよ。

ホッとした気分になりたい空間ですから。

それに、この色とこの色を組み合わせたら、とか
考えるとワクワクしてくることも・・・

これも一種の癒し効果でしょうね。


花々の色や空の色など、
自然の色の美しさにハッとするほどの感動を覚えたり・・・

ホント癒されます(* ̄▽ ̄*)


科学的にも、
心身への影響が証明されていて、

医療の場でも、
病気を色彩で治療する、
カラーセラピーが使われていたりとか。


洋服の色一つで、
肌の状態を健康的に美しく見せてくれたり、
年齢、性格などまで違ってきたり・・・

たとえば、
グリーンには、安定感や平常心を取り戻す効果が、

ピンクには、心や体の筋肉をリラックスさせ、
心身の働きをスローダウンする効果が、

オレンジ色は、陽気、健康さを感じて
開放的にする効果があるといわれていますね。


 ※こちらの姉妹サイトもよろしくお願いします!
              ↓
    色彩による心と体の癒し「カラ-セラピー」


ぜひ、この自然界贈り物をゆっくりと味わい、
日頃のストレス解消したいものですね:*:・( ̄∀ ̄)・:*:


タグ/

上から目線で自分を見る

こんにちは(^-^)/
k子.立花です。

私はよく、
考えがまとまらず、
頭の中がグルグルもやもやすることがあるのですが。。。
(あった、というのが正しいかも。今はほとんどないので)

そのグルグルもやもやの原因は?

たぶん、人と比較することから現れる
     
     劣等感 (><;)

人に不快なことを言われても言い返せない自分!!

あんなこともそんなこともできない自分!!

人づき合いが苦手な自分!!

                  etc・・・


この劣等感がニョキニョキ首をもたげるとき、

頭の中を整理しようとして
(たぶん自分を正当化しようとしている)

整理できず、グルグルもやもやとなるわけで・・・(-。-;)


それでも今は、
会社勤めをやめたり、
ネックになる親戚も離れた所に行ったりで、

主な原因となっていた人間関係が変わり、
そういうこともだいぶなくなったんですけどね。


でも、現れるものはしょうがない。

出てくるなって言っても出てくるんだから。

開き直って全てを受け入れるしかないでしょ!


そこで、グルグルもやもやした時の、
私なりのノウハウっていうのがあって・・・

―――上から目線で自分を見る―――  
        ↑
      これです!

上から目線といっても威張るとかじゃなく、
もうひとりの自分が、
問題のシーンを文字通り上(斜め上あたり)から見ているイメージ。

客観的に。

そして、

『しょうがないな、そんなことも言えないんだ。

  でもいいよ、そういうダメなところもあなたなんだから』
                  ↑
   (思うだけ、声に出したらただのアブナイ人( ̄ー ̄;)

と、それこそ上から目線で(おおらかに包み込むように)
いってあげるのです。


これで私は、だいぶ楽になってます(*^▽^*)

                         

タグ/

スポンサード リンク

カテゴリ

生きづらさから脱出のヒント (14)
生きづらさから脱出のヒント【風水編】 (11)
日々の出来事、想い (7)
ペット (3)
心霊・ミステリー (3)
健康 (8)
ダイエット (5)
旅行 (1)
DIY (1)
山歩き (0)
ハマ歩き (1)
かまくら歩き (0)

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

プロフィール

k子.立花

Author:k子.立花
はじめまして(^o^)」
k子.立花と申します。
しつけに失敗し、
噛む犬にしてしまったアラカン主婦です。
生きづらさ解消のヒントや日々のできごと、
さまざまなお役立ち情報を発信していきます。
よろしくお願いします。

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。